にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ←ご参考になりましたら、クリックお願い致します。
   茨城県守谷市の一級建築士事務所
   (守谷市、つくば市、土浦市、水戸市、牛久市、龍ヶ崎市、取手市、坂東市、筑西市、常総市、つくばみらい市、阿見町、我孫子市、柏市、
   松戸市、市川市、船橋市、千葉市、流山市、野田市、成田市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、さいたま市、足立区、葛飾区、台東区、
   荒川区、墨田区、板橋区、江戸川区、練馬区、杉並区、その他の地域で活動)

   「アーキヴィジョンブログ」では、建築設計、住宅デザイン、環境・エコロジー、2×4デザイン、木造軸組エコハウス、リフォーム・メンテナンス、
   建築模型などの情報を発信しています。
中古を選択   

DSCN0891

新築か、中古住宅を買ってリフォームか? 
初めての家づくりでは悩むところであります。                 

そこで同地域、ほぼ同じ敷地条件(南道路で約65坪)、同程度の建物で比較してみました。
新築と中古では1,800万円くらいの差が出ました。リフォーム費用を含めての差額です。      
この差は現実としてかなり大きいです。                    

中古を選択されたオーナー様、今日からリフォーム工事に入っています。

ペットと暮らすリノベーション

「まるで新築  プレミアムリノベーション」 (我孫子市 2014) は、ワンちゃん、ニャンちゃんとの共生住宅です。

画像 012
腰壁から上は、ペットの匂いを消す珪藻土をコテ仕上げしています

画像 006
腰壁は引っ掻き傷に強いフローリング

画像 022
1階ほぼ全室に、温水循環方式床暖房設備を施しています。寒がりのニャンちゃんには、足元の暖かさがすこぶる快適のようです。
リノベーションの機会に、温水床暖房のご提案をさせていただいております。

高低差の活用

_MG_6724_02
_MG_6726
_MG_6728
「ブリリアント・コーナーズ」 (我孫子市)

敷地の高低差を活用した計画、小屋裏を含めると道路から4層の構成。
加えて外壁のブリックは、塗替えの必要がありません。

模型とリアル

DSCN1457
色を付けた模型で、リアルに近づけた様子
素材感の違いを模型に取り込んでいます

画像 063
「高気密・高断熱の家」 (我孫子市) 
前面道路から見上げた様子

中古住宅を買って、リフォームして住む (続き) 

「中古住宅を買って、リフォームして住む」 の続きです。 

資産ではない借家(アパート)にしばらく住み続けた場合と、将来資産になる中古住宅を買ってリフォームして住んで、売却した場合の比較をしてみます。(チョット大胆ですが)
設定条件で変わってきますが、茨城県南地域を想定してみます。

■ 条件
借家、中古とも8年住んで、中古の方は売却すると仮定
主に投下コストの比較をしてみます。

■ 借家の場合 (敷金礼金等は無視して、家賃は想定です)
家賃60.000円×12か月×8年=576万円 ← 結構な額ですネ。
8年間の住居費が576万円です。

■ 一方、中古住宅を買ってリフォームして住んで、8年後に売却した場合
中古住宅代500万+リフォーム代400万+諸費用150万=1.050万
8年間の維持管理費+税金=100万
8年後の売却代金=600万と仮定すると、600万-1.050万-100万=▲550万
8年間の住居費が550万円です。
要するに、アパートに住んだ場合とほぼ変わりません。
リフォーム代400万では、キッチン、ユニットバス等の設備を一新し、1階の間取り変更やペアガラスへの変更などもできます。またローン諸費用や仲介手数料等も諸費用150万の中に含まれます。

だったら・・・・・・・お隣さんや上下階の音を全く気にすること無く、自由にカスタマイズした一軒家に住み替えてみませんか?
敷地の大きさによりますが、2台分の駐車スペースもできます。防蟻工事、耐震診断はリフォーム代の中に含まれています。

もちろんご自分の家ですから、売却する必要はありません。あくまで想定です。

_TW_0548
このようなこともできます。

反転の構図

DSCN1681
_MG_1136
「黒塗りの和モダン」(我孫子市)の模型とリアル(現実の姿)

背景の白黒が反転しています。
模型では白のスチレンボードを浮き立たせるようバックが黒、一方リアルでは、あいにくの曇り空の中に黒がビシッと引き締まっています。

中古住宅を買って、リフォームして住む 

中古住宅を買って、リフォームして住みたい。アパートから出たい。
現在の家賃より住居費を安くしたい
このようなご要望はかなりあると思います。

_TW_0570
「築27年 フルリノベーションの家」リノベーションのご参考です 

持家、借家ともそれぞれメリット、デメリットがありますが、はたしてどちらがお得でしょうか?
判断基準の一つのキーポイントとして、「空き家」の急増があるのではないでしょうか。いや、激増あるいは爆増といった方がいいくらい増えてきています。最近マスコミでも多く取り上げられている「空き家問題」、これはいずれ社会的大問題に発展し(すでに問題化していますが)、インフラが疲弊する原因になってしまいます。
空き家が増加することと、その近辺の中古住宅の価格が下がることはほぼ同時期に発生する現象ですので、今は地域によっては買い時かも知れません。アパートの家賃の下落率に比べれば、中古住宅の価格の下落率の方が遥かに大きいからです。(もちろん地域にもよります)
茨城県南、千葉県北部ですと、中古住宅を買って好きなようにリノベーションしても、今までの家賃より低い返済の住宅ローンが利用できます。

中古住宅の価格にもよりますが、簡単なシュミレーションをしてみます。
中古住宅価格  : 650万円 
リフォーム費用 : 600万円
諸費用     : 150万円
合計      : 1.400万円  
借入額が1.400万円 の場合、ボーナス返済無しの毎月均等返済額が 37.120円です。
(35年返済、金利0.625%)

歴史的建造物のファサード

DSCN0813
常総市(旧水海道市)の歴史的建造物、まだまだありました。
常総線の水海道駅周辺にあるグッとくる歴史的建造物です。

DSCN0818
DSCN0816
当方オフィスがある守谷駅は、ローカルな常総線と速いつくばエキスプレスが交差しています。つくばエキスプレスの各駅周辺では、開発が目白押しです。人口の頭打ちのため、開発の一部がセーブされているところもあるような状況ですが、活気づいています。
一方常総線の各駅周辺では、成長、発展、新しい、というような言葉とは無縁な、しかしながら歴史の重みを充分に感じさせてくれる風景に出会えます。

「京都ぎらい」の中の一小節

001
建築及び周辺領域での卓越した評論を展開する井上章一氏の京都論。
洛外から洛中を覗き見る熱い眼差し。その中の一小節。

「周知のように、イスラム世界では、いちずな宗教心がテロリズムをもたらしている。くらべれば、僧服で芸子とたわむれあえる京都の聖職者に、希望がもてなくもない。ああいうふうに、あそびほうけているあいだは、信仰がこわばることもないだろう。聖なる戦争へむかっていく、高邁な心のたかぶりも、みょうな言い方だが、おこるまい。
姫と坊主がなかよくいならぶ京都の光景に、いきどおるむきはいるだろう。しかし、それは信仰心ゆえのいさかいを、未然にふせぐヒントもしめしている。平和の目印として、国際社会へおおきくうったえかけてはどうか。
千日回峰行の偉業ばかりを、ありがたがってつたえずに。」
以上、本文86ページのまま

ますます京都を魅力的に思いたくなる一冊。そして、井上氏の正直な目線に共感が持てる。

ファサードに特徴があります

明けましておめでとうございます。
昨年は公私にわたり、いろいろとお世話になりました。
本年は皆様方におきまして、明るい年になりますようお祈り申し上げます。

さて、車で移動していますと思いがけない(魅力的な)シーンに出くわすことがあります。
守谷市のお隣、常総市(旧水海道市)のレトロ建築です。

DSCN0790
築約160年の薬局。煉瓦と格子と銅版葺きの看板が特徴。
水海道の歴史的建造物に登録されています・・・・・・・ということがわかりました。

DSCN0787
岩見印刷さん。

DSCN0794
園芸専門店。
いずれもファサードに特徴がありますね。
周りはシャッター通りになりつつありますが、ロマンあふれる3件でした。