にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ←ご参考になりましたら、クリックお願い致します。
   茨城県守谷市の一級建築士事務所
   (守谷市、つくば市、土浦市、水戸市、牛久市、龍ヶ崎市、取手市、坂東市、筑西市、常総市、つくばみらい市、阿見町、我孫子市、柏市、
   松戸市、市川市、船橋市、千葉市、流山市、野田市、成田市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、さいたま市、足立区、葛飾区、台東区、
   荒川区、墨田区、板橋区、江戸川区、練馬区、杉並区、その他の地域で活動)

   「アーキヴィジョンブログ」では、建築設計、住宅デザイン、環境・エコロジー、2×4デザイン、木造軸組エコハウス、リフォーム・メンテナンス、
   建築模型などの情報を発信しています。
エスプリハウス外壁塗替え

DSCN1009
DSCN1011
築24年になる 「エスプリハウス」 の外壁塗替え工事が始まりました。

鐵骨造の雨漏れ補修

IMG_6101
アーキヴィジョンオーナー様から、知人が所有するビルの雨漏れの件で相談がありました。
東日本大震災から7年、建物は外壁材のALCパネルのダメージが大きく、応急処置を施してきたようですが不完全でした。
IMG_6096
鉄骨造ALCパネルの雨漏れ場合、屋根、笠木、外壁の継ぎ目、サッシ回りなど疑わしいところは限られてきます。
当社の新築工事の時に防水工事を担当している業者さんは、鉄骨造の雨漏れ補修では相当の実績を残しているようで、今回の雨漏れ補修もお願いしました。
やはり原因を探り当てるという意味で、実績のあるなしが大きく影響することがわかりました。

光の通り道を作る

敷地の周囲が建物で囲まれた場合、光の取り入れ方のひとつとして、センターコート(中庭)を計画する場合が、しばしばあります。

外から見たら陽当たりは如何かな?・・・・・・・・・・・・と思われる敷地でも、中に入るとセンターコートからの光が拡散されている住宅は、すごく気持ちが良いです。
「蔵とヴァイオリン室のある家」 のセンターコートの効果です。

_MG_2861
ヴァイオリン室は防音工事が施され、センターコートに面する窓は防音サッシです。

_MG_3093
和室の方から見ます。
2階まで壁が立ち上がっていますが、天空の光が室内に入ってきます。
立ち上がった外壁は防音効果にも役立っています。

_MG_2922
2階のリビングからセンターコートを見ます。
その右側が外から覗かれないバルコニーになっています。

_MG_3106
建物に光をちりばめる光の庭になっています。
幅1.8メートルの光の通り道はとても気持ちが良いです。

外壁完了

CIMG0038
アーキヴィジョンオーナー様の 「カントリーハウス」(坂東市) が天候に恵まれ、外壁リフォーム工事がほぼ完了しました。

CIMG0047
CIMG0106
CIMG0083
CIMG0136
CIMG0150
細かいところも丁寧に仕上げてもらっています。
いつもなじみの職人さんたちです。
CIMG0149
エクステリアの枕木も再塗装です。

玄関横の大型収納例

_TW_0584_02
「オーナーがご両親のために建てたコートハウス」

土間ではなくホールに設けた収納。
靴、小物、古新聞のほか、郵便受けもこの中にあります。キッチン、ダイニングに近く機能的。
高齢者には、距離と段差が設計のポイントになります。

_MG_1193
「黒塗りの和モダン」

玄関横の土間床収納。自転車なども収納できます。収納量を重視した設計です。

_MG_3079
「セブンステップス・トゥ・ヘブン」

小物中心の収納。床は土足用フローリングです。

外部養生(カントリーハウス)

DSCN0968
外壁の塗り替えやメンテナンスでは、養生が大切です。
「カントリーハウス」(坂東市)の外壁リフォーム工事が進行中です。
ビルトインガレージの天井色を、アイボリーから汚れの目立たないダークブラウンに変更。

DSCN0977
既存外壁はベルアート。ひび割れ等ほとんどありませんが、増築部分の入隅は補修。

DSCN0975
細かい補修部分です。

DSCN0974
築15年にしては極めて劣化部分が少ないです。
(要するに、新築時に塗料の特性、下地、天候など含め、きちんと施工しているかどうかが、後々のメンテナンス時期に影響してきます)

Img0360
新築時に検討したスケール100の外観模型。

模型とリアル(センターコートのある家)

DSCN1470
「センターコートのある家」 (我孫子市) 
2階ホールから見下ろした内部模型です。
以下リアルです。

_CHR0161_02
階段下、ゴロンとできる2帖のタタミコーナー。
(座布団収納有)

_CHR0104_02
踊り場から見上げます。

_CHR0046
ウェーブ部分の壁は珪藻土。

カントリーハウス・リフォーム

DSCN0960
DSCN0962
2003年竣工 「カントリーハウス」(坂東市) の外壁リフォーム工事が始まりました。
2007年に増築工事が行われて以来です。所々でのメンテナンス工事は大切で、建物の耐久性に影響してくるものと思われます。

最近のオーナー様の外部リフォーム工事です。

CIMG0014
「ドレミの家」 (守谷市) 施工後

DSCN1045
施工前、やはり色あせています

DSCN1217
「N様邸」 (さいたま市) 施工後

DSCN1152
施工前

DSCN1749
「ビルトインガレージのある家」 (つくば市) 施工後

DSCN1485
施工前

グルーム・ヘア・ファクトリー

_MG_3957
2年ほど前に外壁の塗替をした守谷市の美容室 「グルーム・ヘア・ファクトリー」 の夕景。
1998年の竣工から18年目にして、初めての塗替です。
厚塗りのコテ仕上げの感触は、当時のまま残しています。

_MG_3973
_MG_3960
_MG_3966
_MG_3971

_MG_6325_02
こちらは塗替え前の姿。

塗り壁のメンテナンス

当社設計のオーナー様以外の方から,外壁など外部のメンテナンスや内部リノベーションに関してのお問い合わせをいただいております。
ご参考までに塗り壁の施工例をご紹介いたします。

画像 071
「ザ・英国」 (牛久市)

_MG_0030
_MG_0131
「カンツリー倶楽部」 (つくば市)

画像 053
「オー・カルカッタ・ヒンズースタイルの家」 (板橋区)