にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ←ご参考になりましたら、クリックお願い致します。
   茨城県守谷市の一級建築士事務所
   (守谷市、つくば市、土浦市、水戸市、牛久市、龍ヶ崎市、取手市、坂東市、筑西市、常総市、つくばみらい市、阿見町、我孫子市、柏市、
   松戸市、市川市、船橋市、千葉市、流山市、野田市、成田市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、さいたま市、足立区、葛飾区、台東区、
   荒川区、墨田区、板橋区、江戸川区、練馬区、杉並区、その他の地域で活動)

   「アーキヴィジョンブログ」では、建築設計、住宅デザイン、環境・エコロジー、2×4デザイン、木造軸組エコハウス、リフォーム・メンテナンス、
   建築模型などの情報を発信しています。

「京都ぎらい」の中の一小節

001
建築及び周辺領域での卓越した評論を展開する井上章一氏の京都論。
洛外から洛中を覗き見る熱い眼差し。その中の一小節。

「周知のように、イスラム世界では、いちずな宗教心がテロリズムをもたらしている。くらべれば、僧服で芸子とたわむれあえる京都の聖職者に、希望がもてなくもない。ああいうふうに、あそびほうけているあいだは、信仰がこわばることもないだろう。聖なる戦争へむかっていく、高邁な心のたかぶりも、みょうな言い方だが、おこるまい。
姫と坊主がなかよくいならぶ京都の光景に、いきどおるむきはいるだろう。しかし、それは信仰心ゆえのいさかいを、未然にふせぐヒントもしめしている。平和の目印として、国際社会へおおきくうったえかけてはどうか。
千日回峰行の偉業ばかりを、ありがたがってつたえずに。」
以上、本文86ページのまま

ますます京都を魅力的に思いたくなる一冊。そして、井上氏の正直な目線に共感が持てる。

コメント