にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ←ご参考になりましたら、クリックお願い致します。
   茨城県守谷市の一級建築士事務所
   (守谷市、つくば市、土浦市、水戸市、牛久市、龍ヶ崎市、取手市、坂東市、筑西市、常総市、つくばみらい市、阿見町、我孫子市、柏市、
   松戸市、市川市、船橋市、千葉市、流山市、野田市、成田市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、さいたま市、足立区、葛飾区、台東区、
   荒川区、墨田区、板橋区、江戸川区、練馬区、杉並区、その他の地域で活動)

   「アーキヴィジョンブログ」では、建築設計、住宅デザイン、環境・エコロジー、2×4デザイン、木造軸組エコハウス、リフォーム・メンテナンス、
   建築模型などの情報を発信しています。

光の通り道を作る

敷地の周囲が建物で囲まれた場合、光の取り入れ方のひとつとして、センターコート(中庭)を計画する場合が、しばしばあります。

外から見たら陽当たりは如何かな?・・・・・・・・・・・・と思われる敷地でも、中に入るとセンターコートからの光が拡散されている住宅は、すごく気持ちが良いです。
「蔵とヴァイオリン室のある家」 のセンターコートの効果です。

_MG_2861
ヴァイオリン室は防音工事が施され、センターコートに面する窓は防音サッシです。

_MG_3093
和室の方から見ます。
2階まで壁が立ち上がっていますが、天空の光が室内に入ってきます。
立ち上がった外壁は防音効果にも役立っています。

_MG_2922
2階のリビングからセンターコートを見ます。
その右側が外から覗かれないバルコニーになっています。

_MG_3106
建物に光をちりばめる光の庭になっています。
幅1.8メートルの光の通り道はとても気持ちが良いです。

コメント