にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ←ご参考になりましたら、クリックお願い致します。
   茨城県守谷市の一級建築士事務所
   (守谷市、つくば市、土浦市、水戸市、牛久市、龍ヶ崎市、取手市、坂東市、筑西市、常総市、つくばみらい市、阿見町、我孫子市、柏市、
   松戸市、市川市、船橋市、千葉市、流山市、野田市、成田市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、さいたま市、足立区、葛飾区、台東区、
   荒川区、墨田区、板橋区、江戸川区、練馬区、杉並区、その他の地域で活動)

   「アーキヴィジョンブログ」では、建築設計、住宅デザイン、環境・エコロジー、2×4デザイン、木造軸組エコハウス、リフォーム・メンテナンス、
   建築模型などの情報を発信しています。
建具も再生して使われます

DSCN0452
ヴィンテージハウスの和室の窓です。

気に入った建具をあらかじめ購入していただき、その大きさやテイストから、改造した和室に合うように設えました。

DSCN0453
こちらは玄関ホールに面する部分。
昭和の時代にどこかで使われていたもののようです。

外壁材(下見板張り)

DSCN0430

空き家再生事業の一環として工事が進められている「ヴィンテージハウス」の外壁が、ほぼ張り終りました。
鉄骨造2階建ての再生です。家の傾き(5メートルで2センチほど)、バルコニーからの漏水、配水管の不具合等補修を施しながらの工事ですので、やはり時間がかかります。

外壁は杉の下見板張りで、以前のALC版とはまるで違うテイストになっています。

_TW_0562_03 (1)
「ご両親のためのコートハウス」(我孫子市)は、道路に面する外壁を窯業系ラップサイディングで覆っています。

_MG_5609_02
「江戸数寄庵」(つくば市)ではバルコニー下部に、一部杉板を張っています。

名称未設定 3
輸入住宅 「イーストコースト・コレクション」 では、アルミラップサイディングを採用しました。

素材の違う下見板張りの実例です。

再び WAVE

DSCN0435
バスタブが現場に搬入され、これから浴室の工事が進められます。
「ヴィンテージハウス」

DSCN0432
こちらは子供しか通り抜けられないウェーブ開口です。

WAVEに浸る

DSCN0422
ヴィンテージハウスの子供コーナー。
壁のウェーブ造作は、スケッチ通りの下地を大工さんに作ってもらいました。
曲げ合板加工です。
アントニオ・カルロス・ジョビンの奏でる 「WAVE」 の旋律のような・・・・・・・・。

_MG_3957
過去例です。 「グルーム・ヘア・ファクトリー」 (守谷市) のエントランスアプローチ

_MG_3939
同上カウンセリングコーナーのデスク。 
壁はブリックではなく本物の煉瓦をスライスしたもの。
これが築19年の姿。

_KTM0337_02
「身障者と共に暮らす家」 (坂東市) のダイニングルーム外壁ウェーブ。
こちらは築18年。

_CHR0161_02
「センターコートのある家」 (我孫子市) では、珪藻土塗の階段手すり壁に照明をセッティング。

造作キッチン

DSCN0418
ヴィンテージハウスはキッチンの工事に入りました。
キャビネット、扉、カウンターなど手作り感溢れる仕上げになります。

_MG_9937
過去例です。「カンツリー倶楽部」 (つくば市)

_MG_3000
「セブンステップス・トゥ・ヘブン」 (我孫子市)

外壁工事

DSCN0406
ヴィンテージハウスの再生工事の方は、外壁工事が始まっています。

DSCN0407
雨漏れ、水漏れ補修を施しながらの工事のため、新築工事に比べ時間がかかっていますが、とてもいい感じに仕上がりそうです。

出店希望者を募集中です

DSCN0385
アンティークモールの方は各ブースの区画が決まり、現在モールの出店希望者を募集中です。

芸大や美大の学生さんをはじめ、ご家庭の主婦やリタイアされたお父さまで、趣味が高じた作品を多くの方に見てもらいたい、あるいは価値や感動を共有する方にお譲りしたい方など、どなたでも歓迎です。

DSCN0394
DSCN0396
個人でお店を持つのは経費を考えると難しいとお考えの方、ぜひご応募してみてください。
ブースは約20で、一つのブースは約2帖になります。

鉄骨の中のツーバイフレーム

DSCN0362
空き家再生事業の一環です。
倉庫の中に、ツーバイ材で組み立てられたフレームができてきました。

DSCN0366DSCN0361
これからガラッと変わっていきます。

実践しています

DSCN0287
ヴィンテージ倉庫の工事は猛暑の中、大工さんたちによって進められています。
使われなくなった古い倉庫の再生事業の一環として行われています。
再生しないと、いずれ廃墟になっていきます。

DSCN0293
DSCN0288
今でも増え続ける空き家、10年後には途方もない数の空き家が社会問題化してきます。
(今でも問題化していますが)
我々のグループではこうした避けて通れない住宅や建築の問題に対して、少しでも活路を見出していくことができないか?と問い続け、そして実践しています。
(言葉だけでなく・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・実践です)

子供のベンチ

001
工事中のヴィンテージハウス」では、子供のためのコーナーを設けています。

002
その子供スペースの片隅に設けるベンチのスケッチです。