にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ←ご参考になりましたら、クリックお願い致します。
   茨城県守谷市の一級建築士事務所
   (守谷市、つくば市、土浦市、水戸市、牛久市、龍ヶ崎市、取手市、坂東市、筑西市、常総市、つくばみらい市、阿見町、
   我孫子市、柏市、松戸市、市川市、船橋市、千葉市、流山市、野田市、成田市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、さいたま市、
   足立区、葛飾区、台東区、荒川区、墨田区、板橋区、江戸川区、練馬区、杉並区、その他の地域で活動)

   「アーキヴィジョンブログ」では、建築設計、住宅デザイン、環境・エコロジー、2×4デザイン、木造軸組エコハウス、
   リフォーム・メンテナンス、建築模型などの情報を発信しています。

「KBS」計画、工事契約

「KBS」計画、年明けの着工となり、今日工事契約が無事終わりました。
「KBS」計画は20代又は30代の方が始めて家作りをするときの参考になる要素が、ふんだんに含まれております。
「コストをかけないで建築家住宅を建てる」 又は 「1000万円台で建てる、収納や自然素材、光の取り入れ方を工夫した家」など、ベースになるコンセプトを外さないで、デザインと素材、コストを突き詰めてきました。
設計ディスカッションにおいて、まず始めにオーナーに、住宅に対する漠然とした希望や要望などを挙げてもらい、設計者サイドでその要望をひとつずつ分析し、プランニングにいかしていく、という一般的な手法はとらず、限定された敷地状況 (南道路の40) の中で、おおよその空間ボリュームを「光をどう取り入れるか」「予算内に収まるか」2点に絞りプレゼンテーションを進めてきました。
南道路であっても北、東、西は建物が既にあり、又は計画中であるということに加えて、駐車スペースを
2台分とる必要性から必然的に計画建物は北側に寄ることになります。その場合南側だけからの採光ですと、建物全体の雰囲気がどんよりと暗い曇り空のようになってしまう。それを避けるために小さいながらも「センターコート」を設けることで、天空の光が各部屋にちりばめられるようにすることで問題解決しています。
道路側の間口は
7メートル20センチで、このセンターコートをどこに位置させるかが重要なポイントでした。 

オーナーの希望である
● 対面式システムキッチン
● 造作キッチンバックキャビネット
● オール電化住宅
● 外構工事、水道本管取り出し工事、床暖房、照明、エアコン含めて1000万円台
● ヒートポンプ式温水循環型床暖房設備
● 造り付け本棚、デスク付の書斎
● キッチンパントリー
● 1620タイプのユニットバス
● 小上がり和室
● 主寝室のウォークイン・クローク
● 将来2つに別けられる子供部屋
● ウォークイン・シューズクローク

などはすべて計画に盛り込み、その上吹き抜け部分のウェーブ階段は、この住宅の特徴のひとつになっています。

構造は2×4工法です。         

     ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
アーキヴィジョンでは居住性とデザインのバランスを考えた設計を行っております。快適で末永くお住まいいただくために、断熱計画、構造計画は世界基準を標準とします。
構造計算を行い、建物の長期的な安全性を確認します。
外部、内部の空間構成については周囲の敷地環境を生かし、平面計画、断面計画、動線計画、収納計画などを細部にわたり検討し、「自然素材」に包まれた居心地の良い居住空間を目指します。       
     ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 
  

コメント