にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ←ご参考になりましたら、クリックお願い致します。
   茨城県守谷市の一級建築士事務所
   (守谷市、つくば市、土浦市、水戸市、牛久市、龍ヶ崎市、取手市、坂東市、筑西市、常総市、つくばみらい市、阿見町、我孫子市、柏市、
   松戸市、市川市、船橋市、千葉市、流山市、野田市、成田市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、さいたま市、足立区、葛飾区、台東区、
   荒川区、墨田区、板橋区、江戸川区、練馬区、杉並区、その他の地域で活動)

   「アーキヴィジョンブログ」では、建築設計、住宅デザイン、環境・エコロジー、2×4デザイン、木造軸組エコハウス、リフォーム・メンテナンス、
   建築模型などの情報を発信しています。

ブルックナー 9番 第4楽章

20120528.jpg

宇宙の果てに一人ぽつんと投げ飛ばされたような感じを抱かせる、ブルックナーの交響曲群。壮大極まりない、その存在論的世界観。哲学的言説をいくら付け加えても足りない、その深淵性。 
3楽章までで未完に終わった第9番。その9番に、ブルックナーの残されたスケッチから第4楽章を付け加えた、サイモンラトル+ベルリンフィルの最新版が届いたので拝聴してみる。
 
アカデミズムに毒されないで、ただ聞くだけのディレッタント (素人) な立場だから、気が楽である。ほどほどののめり込み、と言うんでしょうか、あまり深みにはまらずに、気持ちよくブルックナーは聞いています。すなわち「深み」があるのです。
「深み」の手前に立ちはだかる重たいドアを開けた方が、研究者になるのでしょう。ブルックナーの研究者って、奥が深いし、巾も広いのでたいへんだけど、楽しいのだろう・・・と思います。   

コメント