にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ←ご参考になりましたら、クリックお願い致します。
   茨城県守谷市の一級建築士事務所
   (守谷市、つくば市、土浦市、水戸市、牛久市、龍ヶ崎市、取手市、坂東市、筑西市、常総市、つくばみらい市、阿見町、我孫子市、柏市、
   松戸市、市川市、船橋市、千葉市、流山市、野田市、成田市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、さいたま市、足立区、葛飾区、台東区、
   荒川区、墨田区、板橋区、江戸川区、練馬区、杉並区、その他の地域で活動)

   「アーキヴィジョンブログ」では、建築設計、住宅デザイン、環境・エコロジー、2×4デザイン、木造軸組エコハウス、リフォーム・メンテナンス、
   建築模型などの情報を発信しています。

弦の響きが魅力的な2枚

日本人による弦の響きが今でも色褪せない、ふたつのアルバムのご紹介です。
いずれも30年ほど前の録音です。

002
ヴァイオリニスト中西俊博の 「太陽がいっぱい」 では中西がヴァイオリンとオーケストレーションをやっていますが、演奏している楽器が多彩です。

チェロ、ヴィオラ、ハープ、アコーディオン、クラリネット、オーボエのほか、サックス、ギター、トランペット、トロンボーン、フルゲルホーンなどジャズ系でもよく使われる楽器が混成しています。
今の季節に合う楽曲が多いです。

001
こちらはチェリスト溝口肇の 「水の中のオアシス」

「サージェントペパー」 や 「ダークサイド・オブ・ザ・ムーン」 クリムゾンの 「宮殿」 など、アルバム全体を通して「何か」を表現する音楽であることに、気づかされます。
最初の曲の図書館音楽から笑う島を経て、ゲルニカ、帰水空間に終わる曲名が意味深でもあります。

コメント