にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ←ご参考になりましたら、クリックお願い致します。
   茨城県守谷市の一級建築士事務所
   (守谷市、つくば市、土浦市、水戸市、牛久市、龍ヶ崎市、取手市、坂東市、筑西市、常総市、つくばみらい市、阿見町、我孫子市、柏市、
   松戸市、市川市、船橋市、千葉市、流山市、野田市、成田市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、さいたま市、足立区、葛飾区、台東区、
   荒川区、墨田区、板橋区、江戸川区、練馬区、杉並区、その他の地域で活動)

   「アーキヴィジョンブログ」では、建築設計、住宅デザイン、環境・エコロジー、2×4デザイン、木造軸組エコハウス、リフォーム・メンテナンス、
   建築模型などの情報を発信しています。

工事費支払いのタイミングは重要です

昨年の暮れに知人の建築家から連絡があり、着工にあたりクライアントが工務店の経営に不安を抱いており、完成保証を付けるべきか、どうするかといった内容です。 

その後の連絡で、完成保証は付けず毎週現場打合せを行い、その時に出来高を現金払いする、ということになったそうです。現場が進むにつれクライアントも安心し、毎週だと面倒だなという具合で、現在順調に現場が進んでいるようです。                                                  
                             ●
工事費の支払いタイミングは、オーナーにとっても工務店にとっても重要なことですので、慎重に、双方に無理の無いように決めています。

大昔は
契約時:13
上棟時:13
竣工時:13

などときわめてアバウトな支払い条件で契約していましたが、アーキヴィジョンでは工事の進捗状況を見て、おおむね78回ぐらいに別けて決めていました。しかもお尻のほうを少し重たくしています。万一のことを考えてです。

建物完成後は10年保証が付くのでいいのですが、工事中に万一を考え完成保証に入ることも考えられます。しかしこの保険は掛け捨てで、何もなければどぶに捨ててしまうお金です。しかもけっこう高いのが現実です。住宅メーカーのように契約時30万円、引渡し時2.500万という契約ならオーナーは守られます。

しかし地元で長くやっている小さな工務店では上記のような支払い条件の場合、資本がないときには基礎、大工、足場など先行する業者の支払いが発生し、借り入れを起こすことになります。そうしますと厄介な 「利息」 が付いて回ります。この利息は曲者で借り入れのある工務店を直撃します。

ではもう少し大きな工務店ではどうかというと、中規模なビルダーや工務店は見積もり自体がいつも高く出てきますので、今のところ入札の対象にはしていません。昨年末にお引渡ししました「YMО」計画では中規模な工務店と小規模な工務店の2社で比較しました。その差はなんと500万円を越えていました。価格交渉の余地すらありません。落札した工務店はアーキヴィジョンとほぼ同じくらいの歴史を持っています。工事は地元で長く営んでいて、実績のある小さな工務店に限ります。 

そこで先ほどの知人の建築家の例にならって支払い条件を細かくし、昨年末の工事契約を済ませました。計11回に別けて、しかもお尻の方を重たくしてです。
このぐらいの別け方ですと、工事中オーナーはほぼ守られ、完成保証の費用も不要で、工務店の方もさほど無理なく現場を進めていくことができるものと考えます。
       

       ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ●
アーキヴィジョンでは居住性とデザインのバランスを考えた設計を行っております。快適で末永くお住まいいただくために、断熱計画、構造計画は世界基準を標準とします。
構造計算を行い、建物の長期的な安全性を確認します。
外部、内部の空間構成については周囲の敷地環境を生かし、平面計画、断面計画、動線計画、収納計画などを細部にわたり検討し、「自然素材」に包まれた居心地の良い居住空間を目指します。       
       ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● ● 
  

コメント