にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ←ご参考になりましたら、クリックお願い致します。
   茨城県守谷市の一級建築士事務所
   (守谷市、つくば市、土浦市、水戸市、牛久市、龍ヶ崎市、取手市、坂東市、筑西市、常総市、つくばみらい市、阿見町、我孫子市、柏市、
   松戸市、市川市、船橋市、千葉市、流山市、野田市、成田市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、さいたま市、足立区、葛飾区、台東区、
   荒川区、墨田区、板橋区、江戸川区、練馬区、杉並区、その他の地域で活動)

   「アーキヴィジョンブログ」では、建築設計、住宅デザイン、環境・エコロジー、2×4デザイン、木造軸組エコハウス、リフォーム・メンテナンス、
   建築模型などの情報を発信しています。

この部屋で、この音楽聴けたらいいね

2011121701.jpg
24
坪の敷地に建てた、昨日の 「シアタールームのある家」 の内部です。
1階はこのシアタールームと玄関だけです。大判タイル張りの床は土間コンクリートになっており、コンクリートの中を温水循環方式の床暖房のパイプが敷設されています。
したがって冬になると、ますます快適な空間になってきます。熱源は灯油です。
 
このシアタールームは、外部からはまったく見えないセンターコートに面して、掃きだし窓がひとつだけ付いています。
センターコートの位置は昨日の「クリオネ」の外観の、ちょうど胴体部分にあたります。オホーツク海を泳ぐ本物のクリオネの胴体部分は、透き通っています。
こちらの「クリオネ」はオーナーの作成したイルミネーションで、やはり透き通って見えます。
 

2011121702.jpg

さて、このような文学的コードで構築されたシアタールームでは、シェーンベルグの 《浄夜》、しかもカラヤン+ベルリンフィルのオーケストラ (お決まりのコース) なんかいいかもしれません。ボリューム絞らないでね。
 

2011121703.jpg

ジャズだったら、ジャズ通の心にぐさりとくる、ジェリー・マリガンの 《ナイトライツ》 を、やはりボリューム絞らないで聞くと心が洗われて、右に左に、上から下までひらひら泳ぐクリオネのように、自由になった気分になれるかもしれませんよ。
 

コメント