にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ←ご参考になりましたら、クリックお願い致します。
   茨城県守谷市の一級建築士事務所
   (守谷市、つくば市、土浦市、水戸市、牛久市、龍ヶ崎市、取手市、坂東市、筑西市、常総市、つくばみらい市、阿見町、我孫子市、柏市、
   松戸市、市川市、船橋市、千葉市、流山市、野田市、成田市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、さいたま市、足立区、葛飾区、台東区、
   荒川区、墨田区、板橋区、江戸川区、練馬区、杉並区、その他の地域で活動)

   「アーキヴィジョンブログ」では、建築設計、住宅デザイン、環境・エコロジー、2×4デザイン、木造軸組エコハウス、リフォーム・メンテナンス、
   建築模型などの情報を発信しています。

モノクロームの郷愁 VOL.06

2019
「イッツ・ア・ブルー・ワールド」 1958 レッド・ガーランド (プレスティッジ)

右を向くガーランドに、左を向くガーランド。
左右対称に設えたこのアルバムは俗にいう未発表演奏集、ということらしい。
未発表にした理由があったのかもしれないが、この内容が未発表ということは、当時のレベルの高さが想像される。1971年になってこのアルバムは初めて陽の目を見ることになる。

このアルバムはベースがポール・チェンバース、ドラムスにアート・テイラーといった馴染みのメンバーによるピアノトリオ。ガーランドは当時マイルスやコルトレーンの演奏にも積極的に加わっていたから、膨大な数の録音が残されている。しかもそのどれもがシングルトーンによる魅惑的な演奏ばかりだ。

この未発表演奏集は
しばらくたってから、適当に寄せ集められてアルバムになったのではない。
演奏が終わったのに、ついうっかりアルバムにするのを忘れてしまったのでもない。
録音の数があまりにも多かったため、後回しにされただけのことのようだ。
このアルバムの曲はすべて1958年2月7日に録音されている。
ということは、後回しにされて待っていた時間は13年、ということになる。

コメント