にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ←ご参考になりましたら、クリックお願い致します。
   茨城県守谷市の一級建築士事務所
   (守谷市、つくば市、土浦市、水戸市、牛久市、龍ヶ崎市、取手市、坂東市、筑西市、常総市、つくばみらい市、阿見町、我孫子市、柏市、
   松戸市、市川市、船橋市、千葉市、流山市、野田市、成田市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、さいたま市、足立区、葛飾区、台東区、
   荒川区、墨田区、板橋区、江戸川区、練馬区、杉並区、その他の地域で活動)

   「アーキヴィジョンブログ」では、建築設計、住宅デザイン、環境・エコロジー、2×4デザイン、木造軸組エコハウス、リフォーム・メンテナンス、
   建築模型などの情報を発信しています。

モノクロームの郷愁 VOL.07

2021
「ザ・ケニー・ドリュー・トリオ」 1956 ケニー・ドリュー (リバーサイド)

ニューヨークの路地裏であろうか?  子供たちが遊んでいる光景は日本と変わらない。

ベース:ポール・チェンバース、ドラムス:フィリー・ジョー・ジョーンズは、当時のマイルスグループの一員。と言っただけで、なんとなくいい予感がする。雲間から光が差し込んでくるようだ。

これはニューヨークで生まれたピアニスト、ケニー・ドリューが、その濃厚な演奏を聞かせてくれる数少ないアルバム。なぜ数少ないかというと、ニューヨークの演奏よりウェストコーストやヨーロッパでの活躍が目立つから。ウェストコーストやヨーロッパのジャズはどうしても軽くなってしまう。
ケニー・ドリューの中では、このニューヨーク録音のずっしり感が一番良い・・・・・・・・かな?

それにしてもこのモノクローム写真、いいですね。

コメント