にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へにほんブログ村 住まいブログ 一級建築士へ←ご参考になりましたら、クリックお願い致します。
   茨城県守谷市の一級建築士事務所
   (守谷市、つくば市、土浦市、水戸市、牛久市、龍ヶ崎市、取手市、坂東市、筑西市、常総市、つくばみらい市、阿見町、
   我孫子市、柏市、松戸市、市川市、船橋市、千葉市、流山市、野田市、成田市、越谷市、草加市、三郷市、吉川市、さいたま市、
   足立区、葛飾区、台東区、荒川区、墨田区、板橋区、江戸川区、練馬区、杉並区、その他の地域で活動)

   「アーキヴィジョンブログ」では、建築設計、住宅デザイン、環境・エコロジー、2×4デザイン、木造軸組エコハウス、
   リフォーム・メンテナンス、建築模型などの情報を発信しています。

日本ツーバイフォー協会の会報誌

2009122801.jpg
(社)日本ツーバイフォー協会会報誌の2010年1月号です。
アーキヴィジョンが紹介されております。
2009122802.jpg

● 協会へお送りした原稿です。

1985
年の設計事務所開設時からツーバイフォー建築と向かい合い、今年で25年目になります。四半世紀です。長いような、短いような・・・感覚です。若いスタッフも真剣にツーバイフォーの構造、断熱性能、建てるプロセス、設計方法などを勉強しています。その場合日本国内だけに目を向けるわけにはいかず、広く北米や北欧など、長く愛着を持って暮らす国々の生活様式なども合わせて研究し、それを日本の国内で建築する場合の問題点や注意点などを同時に勉強しなければいけません。学ぶべきことが非常に多く、であるからこそ奥が深くやりがいのある工法だと思います。ハードとソフトの両立が、オーナー様に対する最良のプレゼンテーションだと感じます。
ツーバイフォー工法は、その性能やデザイン性などの観点から完全に日本に定着されたものと思います。今はさらに「次のステップ」に向かう段階に来ているような気がします。
ツーバイフォー協会主催の、つくば市の
4階建て実験棟の建設における都市部の高層化ツーバイフォー建築の可能性や、大スパンの可能性の模索といったハード面での展開には目を見張るものがあります。
アーキヴィジョンではそれらのハード面のほか、「和」の素材、アジアンデザイン、シンプルモダンなど、2×4工法とインテリアデザインの可能性をいろいろな角度から模索し続けています  

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ

コメント